HOME

  平成28年熊本地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
        また、被災地の復旧に取り組まれています方々に敬意を表します。


【感謝】 第10回資料保存シンポジウムの報告

情報保存研究会(JHK)・公益社団法人日本図書館協会 共催


「未来に遺す情報保存 ‐収集・保存・利活用‐」


 第10回資料保存シンポジウム「未来に遺す情報保存 ―収集・保存・利活用―」が情報保存研究会と日本図書館協会の共催、13の情報機関の後援で2016年10月3日に東京都千代田区の一橋大学一橋講堂中会議場(学術総合センター)において開催されました。図書館、公文書館、文書館、博物館、企業資料室の方々170名余が参加し、情報保存、デジタル・アーカイブについて情報交換をしました。ご参加いただきましてありがとうございました。 シンポジウムの特別講演では、5名の講演をいただきました。会場横のロビーでは16社の会員企業による貴重書の修復、保存箱、脱酸、デジタル化、長期保存記録メディアなどの展示会、12社の実用講座プレゼンテーションがあり、具体的な企業の取り組みが展示されました。 9時から18時までほとんどの参加者が熱心に聞いて下さる中、日本図書館協会の森理事長より、「実際に書物や古典籍等を日々扱っている館の方々とそれを支える企業の方々のコラボレーションは素晴らしいものであり、一緒にやれることがうれしい」との閉会の挨拶でシンポジウムを終えました。また次回も同じような時期に開催する予定です。ご期待ください。

  日 時: 平成28年(2016年)10月3日(月) 9:20 開場 ~ 18:00 終了

  場 所: 一橋大学一橋講堂中会議場 学術総合センター2階 (東京都千代田区)

          〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター内 アクセスMAP


  特別講演 :10:00~10:50
   「歴史的典籍NW事業の目指すもの」
       講師 国文学研究資料館 古典籍共同研究センター 山本和明氏
要旨

 国文学研究資料館では、現在、大規模学術フロンティア促進事業「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」(歴史的典籍NW事業)が進行している。2014年から10年にも及ぶこの事業は、人文社会学で初めて採択されたものである。事業の目指すところは大きく言って二点。一つは、資料撮影やマイクロフィルムより、三〇万点におよぶ歴史的典籍の画像データを作成し、広く研究者などの利活用を促進すること。もう一つは、国内外の研究機関との間で国際共同研究、異分野融合研究を具体的に推進し、共同研究体制を構築すること、である。  2017年4月を目途に、この事業の基盤ともなる公開系システムをスタートさせることにしているが、まだ十分にこの事業の意義が知られているとは言いがたい。本発表では、歴史的典籍NW事業が何を目指しているのか、これまでの三カ年で何を達成したのかを具体的にお示しし、30万点に及ぶ古典籍資料のデジタル公開がもたらす可能性、今後の目指す方向性を可能な限り提示したいと考えている。


  特別講演 :11:00~11:50
   「大学院博士後期課程を持つ大学が作成する
      デジタル・アーカイヴのありかたについて・・・・日本大学における経験から」
       講師 日本大学芸術学部 木村三郎氏

 大学院生が制作に関わるデジタル・アーカイヴには、高度な教育的意味が生まれる。たとえば、芸術学部の場合、修士論文・制作、博士論文への基礎訓練となり、できあがったものが、授業中にスマホで閲覧が可能になり、ゼミでの教科書としての意味を持つ。公開されたアーカイヴに、関連した論文を発表することも可能で、公開性も高く、大学院生の業績としての価値を持つ。育てつつ、制作するという関係が成り立ち、その最も成功した事例が、打林俊氏のケースである。


  「絵画複製写真のデジタル・アーカイヴ化と美術史研究における活用の可能性」

       講師 日本学術振興会特別研究員(PD) 打林 俊氏
 要旨

 近年、歴史的資料の保存や文化資源の幅広い公開・共有という観点からデジタル・アーカイヴは世界的に進んでいる。その展開は図書館や文書館をはじめとして、美術館・博物館、教育・研究機関においても盛んである。対象は当然のことながら書籍や書類などの紙媒体にとどまらず、絵画をはじめとする美術作品にも及んでいる。こうした動向を美術史や写真史の研究の観点から見ると、これまでデジタル・アーカイヴ化をおろそかにされてきた資料群がある。それは、美術史・写真史のいずれの分野からも作品とは見なされてこなかった絵画複製写真である。  本発表では、ヨーロッパや日本の公的機関に所蔵される絵画複製写真群の具体例を挙げつつ、その目録化・公開を行うべき意義と、視覚文化史に関わる研究における絵画イメージの伝播、流通を跡づけることのできる資料としての活用の可能性を考察する。加えて、現代の研究者たちがフィルムの時代に研究資料として収集してきたスライド(ポジフィルム)を今後どのように活かすべきかについても、現代の絵画複製写真をめぐる身近な事例として、歴史的資料の活用との関連性を考えていきたい。


  特別講演 :13:20~13:50
   「目録整備の重要性と配慮すべき視点~資料保存・管理・活用の側面から」
       講師 文化庁文化財部美術学芸課 美術館・歴史博物館室  松本純子氏
 要旨

 博物館・文書館等の資料保存機関において、収蔵品目録(台帳)の整備はあらゆる活動の基盤といえる。現在では、書誌情報のみならず画像もあわせたデジタルによる台帳整備やデジタル画像アーカイブが構築されつつあるが、整備・運用にあたって課題も見受けられる。  ここでは、資料保存機関が優れた美術品や文化財等を積極的に保存・公開するための目録整備等に際し、モノそのものの保存・管理と目録(台帳・アーカイブデータ)の長期保存等にむけて、資料保存機関のマネジメント上配慮すべき視点等に触れる。


  特別講演 :14:00~14:50
   「風化金石文撮影の意義と解析型アーカイブ」
       講師 神戸学院大学 現代社会学部 上椙英之氏
 要旨

 歴史資料としての石碑は、東日本大震災の折、過去の津波の到達場所に在り「これより下の土地に家を立てるな」との警告を記した石碑が人々を救ったことでその価値が見直されてきている。しかし、石碑のほとんどは屋外に在り、長期にわたって風化作用の為、文字情報はいずれ消滅してしまう。また通常撮影では金石文の判読が難しい場合が多く、単純に撮影するだけでは適切なアーカイブは望めない。また位置情報が重要な意味を持つ資料であり、保管も難しい。このように、早急なデジタル 化が望まれる歴史資料でありながら、アーカイブの為には解決すべき課題は多い。 近年では3Dスキャナによる,3次元形状の復元が可能となり、文化財のデジタル化に大きな役割を果たしているが、フィールドに無数に存在する石碑のアーカイブに適用するには、現実的ではない。  本発表では、上記のような石碑のアーカイブが抱える問題と、それを解決する為の、デジカメによる簡便なデータ取得と、石碑の多様な保存条件に対処するための解析型のアーカイブについて提案する。


  資料保存実用講座:15:00~17:30
      情報保存研究会の出展企業による資料保存にかかわるさまざまなツールや
     システムについての総合的なプレゼンテーション

    企業展示:10:00~18:00
      情報保存研究会の会員企業などによる企業展示

    後援:
     全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、国立大学図書館協会、私立大学図書館協会、
     全国大学史資料協議会、文化財保存修復学会、ARMA東京支部、企業史料協議会、
     記録管理学会、日本アーカイブズ学会、アート・ドキュメンテーション学会、
     専門図書館協議会、デジタル情報記録管理協会、日本写真学会 (順不同)

   

第9回資料保存シンポジウムの報告

             情報保存研究会(JHK)・公益社団法人日本図書館協会 共催


情報保存研究会(JHK)と公益社団法人日本図書館協会は、これまで8回に渡り、資料保存というテーマでシンポジウムを開催してまいりました。おかげさまでいずれもご参加の方々からはご好評をいただきました。 9回目を迎えた今回のシンポジウムは、「後世に伝えるための資料保存とデジタルアーカイブ ―資料の保存と今後の展望―」というテーマで開催いたしました。
今回は国立公文書館 加藤館長の基調講演と特別講演として関西大学総合情報学部 准教授 研谷紀夫氏、東京都立中央図書館資料保全専門員 眞野節雄氏の2名の講師の方々より、日々取り組んでいる課題についてお話をしていただきました。 また、ご好評をいただいています資料保存実用講座もシンポジウムの後半に設け、資料保存にかかわるさまざまなツールやシステムなどについて、出展企業から総合的にプレゼンテーションをさせていただきました。

              
  
 

テーマ   「後世に伝えるための資料保存とデジタルアーカイブ」
              -資料の保存と今後の展望-

 

開催日   2015年10月5日(月)  9:50 ~ 18:00

 

        参加費:無料  定員:200名  座席:自由
        会場:一橋大学 一橋講堂中会議場 (学術総合センター2階)
        東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内
        地下鉄神保町駅より徒歩4分・地下鉄東西線竹橋より徒歩4分

          

基調講演 「公文書の重要性と次世代に伝えていくことの大切さ」
  13:15~14:00 国立公文書館 館長 加藤丈夫氏

                                    

 わが国の公文書館はその設立の経過によりさまざまな役割を担っているが、公文書館としての最も重要な機能は、国や 自治体が作成した公文書を大切に保存・管理し、これを広く国民の利用に供することである。すなわち人々の暮らしに影響を及ぼす社会の決まり(法律や政令・条例など)について、その内容とそれが成立した経過を次世代の人たちが検証できるようにする仕組みが民主主義を支えるということである。  近年わが国でも公文書管理の重要性が認識されるようになり、2011年には公文書管理の基本ルールを定めた「公文書管理法」が施行されたが、欧米の先進諸国に比べればその体制はかなり立ち遅れており、この充実に取り組むことが喫緊の課題となっている。この中で保存資料のデジタル化を進め、インターネットを通じて「だれでも、いつでも、どこでも自由に利用できる仕組み」を作ることは体制整備の中心テーマとなるが、これを推進するには国や地方公共団体をはじめ民間の企業や学会その他の団体相互の緊密な協力が必要となる。

 

特別講演 「表象文化研究とデジタル文化資源」
  10:00~10:50 関西大学総合情報学部 准教授 研谷紀夫氏

                 
  

 日本では古代から現代に至るまで、豊かなヴィジュアル文化を育んできており、平安期の王朝絵巻や、近世の浮世絵だけでなく、現代の絵画、写真、映画、マンガ、アニメーション、ゲーム、VRなど、膨大なヴィジュアル文化資源の蓄積がある。こうしたヴィジュアル文化に関する研究は、これまで美術史学の分野で扱われることが多かったが、近年では表象文化研究やヴィジュアルスタディーズなど、より幅の広い観点から、学際的な研究が進められています。  一方、こうしたヴィュアル文化資源のデジタル化と公開が様々なところで取り組まれており、今後は多様な研究分野において活用されることが期待されています。  本発表では、近代のヴィジュアル文化資源の一つである「写真」を対象とする、最新の研究動向を踏まえ、「写真」に関するデジタル文化資源が様々な研究に活用されるために、どのようなかたちで情報化がなされ、どのように活用されるべきかについて解説します。

 

特別講演 「大津波からよみがえった郷土の宝
              -陸前高田市立図書館 郷土資料の修復-」

  11:00~11:50 東京都立中央図書館資料保全専門員 眞野節雄氏

                 
    

 都立中央図書館では、東日本大震災により被災した岩手県陸前高田市立図書館所蔵の郷土資料を修復しています。 昨年、当セミナーで「災害から資料を守り、救うために」と題して、都立図書館の「資料防災マニュアル」について報告させて いただきました。その際に、この陸前高田市立図書館のことにも少し触れましたが、その後、今年3月、第1次として受け入 れた被災資料の修復が終わり、陸前高田市立図書館に返還しました。今回は、その救出から返還までの過程、特に修復過 程を詳しく報告します。そして、そのなかから見えてきた、図書館資料を保存することの意義、現物を残すことの意味を考え てみたいと思っています。

  なお、第1次受入資料の返還を記念して記録動画を製作しました。
「大津波からよみがえった郷土の宝―陸前高田市立図書館郷土資料の修復」(15分)
 (日本語版)  https://www.youtube.com/watch?v=2YT0uGFYhAc
 (英語版)   https://www.youtube.com/watch?v=q4M-N3K3IpY

   

企業展示と資料保存実用講座
  14:10~17:30 情報保存、修復、デジタル化のエキスパートが日頃の技術を発表しました。

                 
    

 今年も企業展示コーナーを設けて参加者と企業の技術員が具体的な話を展開していました。また、展示に出店できなかった企業のカタログを集めた「カタログコーナー」を作りました。プレゼンテーションでは情報保存、修復、デジタル化のエキスパートが日頃の技術を発表しました。

 

 

後援・・・多くの後援を頂きました。心より感謝いたします。

  全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、国立大学図書館協会、私立大学図書館協会、
 文化財保存修復学会、ARMA東京支部、企業史料協議会、記録管理学会、
 全国大学史資料協議会、日本アーカイブズ学会、日本写真学会、専門図書館協議会、
 アート・ドキュメンテーション学会、デジタル情報記録管理協会(順不同)





 

過去のシンポジウムの内容は「イベントと記録/過去のセミナー・イベント」のページをご覧ください。



JHK質問箱

情報の保存と活用のエキスパートが答えます。
JHK各企業には匿名でご相談できます。
詳細・ご質問はこちら

過去のご質問例NEW

情報の保存と活用に関するセミナーなどのおしらせ

会員企業からのニュース