HOME


        


第11回資料保存シンポジウムの報告

【ご参加ありがとうございました。第11回は下記内容で開催いたしました。】


情報保存研究会(JHK)・公益社団法人日本図書館協会 共催


「原資料保存とデジタルアーカイブ その未来 ‐さまざまな取り組みの中から‐」


情報保存研究会(JHK)・公益社団法人日本図書館協会共催の、第11回資料保存シンポジウムを開催しました。今回も多彩な講師陣をお迎えして、情報保存の現状、そして未来について語っていただきました。 また、ご好評をいただいています資料保存実用講座もシンポジウムの後半に設け、資料保存にかかわるさまざまなツールやシステムなどについて、出展企業から総合的にプレゼンテーションをさせていただきました。詳細は下記の通りです。次回、第12回資料保存シンポジウムをご期待ください。

  日 時: 平成29年(2017年)10月10日(火) 9:20 開場 ~ 18:00 参加無料

  場 所: 一橋大学一橋講堂中会議場 学術総合センター2階 (東京都千代田区)


  特別講演 :10:00~10:45
   「西洋古典資料の媒体変換と原資料の保存について」
       講師 一橋大学社会科学古典資料センター専門助手 床井 啓太郎 氏
  特別講演 :11:00~11:45
   「地域歴史遺産としての歴史資料
       -阪神・淡路大震災後22年の被災歴史資料保存の歩みから考える」
       講師 歴史資料ネットワーク代表
           神戸大学大学院人文学研究科教授・地域連携推進室長 奥村 弘 氏
  特別講演 :13:00~13:45
   「デジタルアーカイブのための長期保存と利活用」
       講師 国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系教授
           東京大学大学院情報理工学系研究科教授      高野 明彦 氏
  特別講演 :14:00~14:45
   「文化財保護とデジタル情報 -歴史と展望-」
       講師 東京国立博物館 博物館情報課長 田良島 哲 氏

  資料保存実用講座:15:00~17:30
      情報保存研究会の出展企業による資料保存にかかわるさまざまなツールや
     システムについての総合的なプレゼンテーション

    企業展示:10:00~18:00
      情報保存研究会の会員企業などによる企業展示

    後援:
     全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、国立大学図書館協会、私立大学図書館協会、
     全国大学史資料協議会、(一社)文化財保存修復学会、ARMA東京支部、企業史料協議会、
     記録管理学会、日本アーカイブズ学会、アート・ドキュメンテーション学会
     専門図書館協議会、(一社)デジタル情報記録管理協会、(一社)日本写真学会、
     デジタルアーカイブ学会、(公財)日本博物館協会(以上・順不同)

     

過去のシンポジウムの内容は「イベントと記録/過去のセミナー・イベント」のページをご覧ください。




資料の保存と活用に関するセミナーなどのお知らせ



会員企業からのニュース

JHK質問箱

情報の保存と活用のエキスパートが答えます。
JHK各企業には匿名でご相談できます。
詳細・ご質問はこちら

過去のご質問例